◆求人業界に革命!SNSチェック代行サービスの登場!◆

1903317top.jpg








1.SNSチェック代行サービスの登場!~HRRT~

d46321-1-896823-0.png


東京に本社を置く株式会社HRRT(ハート)は、この7月SNSチェック代行サービスをリリースした。サービス内容は、これまで人事部門が担ってきた表面上のSNS情報の探索に留まらず、求職者の犯罪歴やトラブル歴など、自社では調べられなかった領域まで見ることができるとしている。風評被害関係のプロフェッショナル及び、弁護士等の監修もあり、非常に高度なリサーチが可能となっている。



2.昨今の「バカッター騒動」に終止符となるか?

img_72ce5e07dfee5c94182856c3170d6bb3492131.jpg


この2019年に入ってから、数々の「バカッター」「バイトテロ」が登場したと報じられている。ツイッターを初め、ブログ、インスタグラム等、新しいSNSサービスが拡充されるに比例して、拡散の手段も広がってきた。企業側としては、少しでもブランド価値を下げるような傾向のある求職者を”採用したくない”のが本音のはずだ。バカッター=学生が層として非常に多く、一般に就職活動をするうえでは上記のような騒動に歯止めをかける手段になりうると記事では記載されている…。



問題は”本人の性格”~私の考え~


結局、就職活動のタイミングでは新規アカウントを開設したり、削除したり、求職者も相応に対応をとることができる。そのような対策セミナーだって開催されている。また採用されたとしても、その後「騒動」となりうるような行動を起こす可能性もありうる。結局、その人の性格や行動は「面接」という数分の会場でしか、判断ができないと考える。SNSをやっていない人だっているし、その場をしのぐ手段だって、今の学生は持ちそなえている。バカッター騒動並びに同様の問題は、無くなることはないのではないだろうか…。






3.個人情報に関するグレーゾーン…。

27366_fb.jpg



SNSといえど、立派な個人情報保護に該当するツールである。個人情報保護法では「情報化社会の中で、個人の権利を保護しながらも経済社会発展を目指す」としている。つまり、本人の意思に反して第三者に情報を提供したり、個人情報取り扱い業者は本人への報告が義務となっている。(第18条)※事業承継等はこの限りではない。


チェック対象がTwitter、Facebook、Instagram、Youtube、Snapchatに絞られているが、これをどのようにして本人に知らせず遂行させるのか。疑問はつきないが、取扱いには十分な注意が必要である。



また事例として、下記のようなリサーチが既に挙げられている。


20190717112002939.jpg





20190717112010522.jpg


4.不平不満のはけ口、SNSに制限がかかることに対して…。


このサービスが価値となる企業側(人事)に反し、一般人受けはしないサービスであることは言うまでもない。SNSは娯楽・不満・共有を前提に利用するサービスであり、それを見知らぬ人間や、今後関わる可能性のある人間にのぞかれるのは、プライバシーに関わる問題だ。これではプライバシー管理で鍵アカウントを設定している意味を果たさない。個人的には反対派だが、非常にインパクトの強いサービスであったため、今後の展開が楽しみである。




1903317top.jpg




1.SNSチェック代行サービスの登場!~HRRT~

d46321-1-896823-0.png

東京に本社を置く株式会社HRRT(ハート)は、この7月SNSチェック代行サービスをリリースした。サービス内容は、これまで人事部門が担ってきた表面上のSNS情報の探索に留まらず、求職者の犯罪歴やトラブル歴など、自社では調べられなかった領域まで見ることができるとしている。風評被害関係のプロフェッショナル及び、弁護士等の監修もあり、非常に高度なリサーチが可能となっている。


2.昨今の「バカッター騒動」に終止符となるか?

img_72ce5e07dfee5c94182856c3170d6bb3492131.jpg

この2019年に入ってから、数々の「バカッター」「バイトテロ」が登場したと報じられている。ツイッターを初め、ブログ、インスタグラム等、新しいSNSサービスが拡充されるに比例して、拡散の手段も広がってきた。企業側としては、少しでもブランド価値を下げるような傾向のある求職者を”採用したくない”のが本音のはずだ。バカッター=学生が層として非常に多く、一般に就職活動をするうえでは上記のような騒動に歯止めをかける手段になりうると記事では記載されている…。


問題は”本人の性格”~私の考え~

結局、就職活動のタイミングでは新規アカウントを開設したり、削除したり、求職者も相応に対応をとることができる。そのような対策セミナーだって開催されている。また採用されたとしても、その後「騒動」となりうるような行動を起こす可能性もありうる。結局、その人の性格や行動は「面接」という数分の会場でしか、判断ができないと考える。SNSをやっていない人だっているし、その場をしのぐ手段だって、今の学生は持ちそなえている。バカッター騒動並びに同様の問題は、無くなることはないのではないだろうか…。


3.個人情報に関するグレーゾーン…。

27366_fb.jpg


SNSといえど、立派な個人情報保護に該当するツールである。個人情報保護法では「情報化社会の中で、個人の権利を保護しながらも経済社会発展を目指す」としている。つまり、本人の意思に反して第三者に情報を提供したり、個人情報取り扱い業者は本人への報告が義務となっている。(第18条)※事業承継等はこの限りではない。

チェック対象がTwitter、Facebook、Instagram、Youtube、Snapchatに絞られているが、これをどのようにして本人に知らせず遂行させるのか。疑問はつきないが、取扱いには十分な注意が必要である。


また事例として、下記のようなリサーチが既に挙げられている。

4.不平不満のはけ口、SNSに制限がかかることに対して…。


このサービスが価値となる企業側(人事)に反し、一般人受けはしないサービスであることは言うまでもない。SNSは娯楽・不満・共有を前提に利用するサービスであり、それを見知らぬ人間や、今後関わる可能性のある人間にのぞかれるのは、プライバシーに関わる問題だ。これではプライバシー管理で鍵アカウントを設定している意味を果たさない。個人的には反対派だが、非常にインパクトの強いサービスであったため、今後の展開が楽しみである。


この記事へのコメント