◆これで一発最短合格!~FP2級1か月合格勉強法~◆

fp_examination_01.jpg





先日、FP2級の試験を受験してきました。結果は合格でしたが、何よりたった1か月の勉強で「ここだけ押さえたら合格できる」ポイントがあることに驚きました。これから受験される方、受験を検討されている方に「ここだけ押さえたら1か月で合格できるポイント」を、この記事でお伝えできればと思います。



1.FP2級合格のご報告~1か月の勉強内容について~


この度、9月8日(日)に開催されたファイナンシャルプランナー2級の試験を受験してきました。会場は関西大学で、阪急関大前駅から徒歩10分程度。試験開始40分前に会場に到着したのですが、開場が30分前ということで、外で勉強されている方が多数いらっしゃいました。今回、約1か月の勉強を経て勝ち取ることができた合格。どのような勉強をし、対策をしてきたかをここで解説いたします。ちなみにFP3級を取得したのは同年5月26日(日)です。

FP協会HP↓

594_1200x900.jpg






2.私のプロフィール(こんなレベルでスタートしました)


大阪在住の24歳

【取得済み資格】
・日商簿記検定2級
・中小企業診断士「経営法務」、「運営管理」、「中小企業施策」
・FP3級(FP協会)

ちょうど8月に行われた診断士の試験翌日から、本格的にFPの試験勉強をスタートしました。主な教材は以下の通りです。

20190920_140651.jpg

3.最も1か月の勉強で重要だと感じたこと(所感)

main.jpg
◆ポイント3つ◆

①優先順位は問題集→過去問→テキスト
素直に感じたことですが、FP2級までは「テキストは購入しなくても合格できる」と考えます。その理由は問題集や過去問の解説がわかりやすく、そもそも不要なポイントまで勉強する必要がなくなるからです。問題集を選ぶ基準は「解説がわかりやすいこと、適切な回答・誤った回答それぞれの解説が記載されていること」これに限ります。


②過去問は過去5回分を徹底的にまわすだけ!時間配分を考えるために練習する。
3級と大きく異なるのが「問題数」です。特に実技は計算を伴う問題が多く、時間を割かれてしまいます。3級のような単純計算ではなく、続き問題が多いため厄介です。過去問に取り組む理由は「傾向を知る」だけでなく、「時間配分とどこから問題を解けば効率が良いか」の対策を講じることです。





③問題集は間違ったところだけ往復して復習!この繰り返し
結局問われるのは数字(%、年数等)です。用語等は問題集を解いていけば頭に入ってきますが、数字は各法律・制度がごちゃごちゃになってしまいがちです。語呂合わせ等で混乱しないよう、対策を練る必要があります。問題なく解けた箇所については復習せず、間違えたところを重点に繰り返ししていきましょう。


以上の3点さえ押さえてていれば、2級の合格は実現可能です。むしろこれだけこなしていれば、1か月と言わず、もっと短い時間で実現ができるかと考えます。

4.FP2級取得後どうするの?~今後について~

fp-1-requires-no-practical-experience-11.png

FP2級に合格すれば、次はFP1級受験…とはいきません。上記のように、FP試験は1級取得までの経路が複雑で、実務経験等がない場合は一般的にFP2級→AFP→CFP→1級受験という流れになります。https://money-study.net/1fp/exam/load1st.htm
AFPは大手専門学校にて教材を購入し提出、CFPは計6科目の試験を経て認定されるようです。道のりは長いですが、また結果をご報告いたします。


この記事へのコメント