◆標高1100mからの絶景!琵琶湖を一望できるデートスポットに行ってきました◆

biwa-lake-terrace-signboard.jpg

季節が秋に変わり、少し肌寒くなってきた今日この頃、生い茂る木々も少しずつ色味がついてきました。紅葉やちょっと遠出して「素敵な景色を観に行きたい」と思う季節本日は滋賀県で絶大な人気を誇る「琵琶湖テラス」に行ってきましたので、情報をお届けいたします。






1.標高1100mから一望する絶景。琵琶湖テラスとは…?


琵琶湖テラスとは、知る人ぞ知る滋賀県の絶景スポットの一つ。2016年7月にオープンした標高1100mの山頂に建設された展望テラスです。日本一の大きさを誇る琵琶湖を一望することができるため、年中問わず全国から観光客が絶えません。

w621_bdf2533784dfe287ffc3a41da7c36f58.jpg

【※休業期間有!】
2019年~2020年にかけて、休業期間が更新されていますので必ずご確認ください。
休業期間:11月25日~12月中旬




【営業時間と混雑情報:必見!】
通常営業時間:9:30~17:00(上り最終16:30、下り最終17:00)
11月11日(月)~24日(日):9:30~16:30(上り最終16:00、下り最終16:30)

src_14472137.jpg

あまり知られていないのですが、運行時間(片道乗車時間)は約5分間です。しかしテラスでの滞在時間が長い観光客や乗車の際に調整する時間等があり、ロープウェイの往復時間は20分前後かかることもあります。グループやカップルで行かれる方は、一人はチケット購入に向かい、一人はロープウェイの列に並ぶ等して、効率よく最短で山頂に向かえるよう工夫したほうが良いでしょう

2.琵琶湖テラスの口コミをまとめてみました~人気の秘密とは…?


琵琶湖テラスに訪れる前に、SNS等で口コミ等をチェックしていたのですが…やはり標高1100mに位置するというだけに、多くの方がその景色やインスタ映えするスポットとしての満足度が高かったように思います。そして人気の秘密は、なんといっても「あたかも自分が浮いているように撮ることができる」写真を撮れること。我先にと、テラスには長蛇の列ができていました。

thF964ULM4.jpg




またテラスから少し階段を下ると、「恋人の聖地」として写真スポットになっているハート型のアーチが見えてきます。これはただの展望台ではなく、実はこのハート型の柵のどこかに「隠れハート」があるのだとか…。そして、それを見つけた二人はさらに幸せが訪れるとか…。※実際は写真スポットとして長蛇の列ができているため、「隠れハート」を探す余裕はありません。知っておくと、少し話のネタになるかと思います。

26-29568.jpg

3.琵琶湖テラスまでのアクセス※注意事項

琵琶湖テラスに初めて訪れたからこそ分かった、「これだけは知っておいたほうが良い」を以下にまとめました。参考になれば幸いです。

注意事項その①:駐車料金は2000円かかります。
琵琶湖テラスには車で訪れる方が非常に多いかと思います。駐車料金を2000円とられますので、必ず用意しておきましょう。(用意しておかないと、後ろの車から急かされます)私はまさかいきなり2000円の出費が発生するとは予想だにしていなかったため、モタモタし過ぎて後ろがつっかえてしまいました。

注意事項その②:駐車場所は最もロープウェイ近くへ。
駐車料金を支払い、山道を進むと番号の振られた駐車場が見えてきます。「空きスペースがあるし、停めちゃえ」と思って下のほうに停めると痛い目にあいます。必ずロープウェイに近い、番号の浅いエリアに駐車するようにしましょう。行き帰りが何倍も楽になります。またロープウェイ付近含め、天候の変化が激しいため急に雨が降ってくることもありえます。(※その為、傘を持っておくと安全)後悔しないためにも、必ず上のほうに停めましょう。

biwa-lake-valley-parking-area-01.jpg

注意事項その③:防寒対策は徹底して下さい、お昼は済ませておくべし。
せっかく遠出して琵琶湖テラスに来たのに、山頂は寒すぎてすぐ撤退…。という始末の観光客がたくさんいらっしゃいました。それほどに寒暖差が激しく、防寒着をもっていなければ長居できません。またお昼は「テラスの飲食店で…」とお考えの方も多いかと思いますが、目が点になるほどの長蛇の列ができていますので、予め食事を済ませて向かわれることを推奨いたします。




src_15220989.jpg

4.琵琶湖テラスで撮りたい1枚~所感~


Twitterやインスタグラム等で「#琵琶湖テラス」と検索すれば、必ずといって良い程似たような写真が出てくるかと思います。これらの写真を撮るために、テラスには列ができているのですから…。譲り合いの精神を忘れないでくださいね。

0266.jpg

いかがでしたか?琵琶湖テラスに初めて行ったからこそ「伝えたい」ことを今回はまとめてみました。過ごしやすい季節になり、「絶景を観に行きたい」となれば必ずヒットするこの場所。注意事項を確認のうえ、素敵な景色を撮りに訪れてみてはいかがでしょうか。

この記事へのコメント