◆中小企業:労働時間の規制についての注意◆

36-kyoutei00.jpg




「4月から中小にも労働時間の規制適用」

今回は、労働時間に関して3月中に知って頂きたい労働規制がございましたので紹介させていただきます。





残業時間に上限を設けた働き方改革関連法案が2019年4月に大企業に適用され、中小企業については、2020年4月から対象となります。政府は、中小企業のの長時間労働が続くことのないように監視を強める姿勢です。労働時間に関しては、原則として月45時間、年360時間となり、労使協定で合意すれば年720時間以内までは可能です。一部業種については、猶予期間が続きますが、違反すれば30万円以下の罰金か6カ月以下の懲役となります。




36-kyoutei01.jpg




4月からの規制適用まで1カ月ございますが、労働時間の短縮させてしまうのは難しい面もあるかと思われます。3月中に限られた労働時間のなかで効率よく働く環境を構築していく準備を進めていくことをお勧め致します。




参照PDF↓

この記事へのコメント