◆デジタル課税について:英デジタル課税を来月に導入予定◆

img1_file5c4e8c9a6891b.jpg

【英デジタル課税来月導入】




インターネットの普及に合わせてインターネットを介し国境を越えてサービスや商品等の取得ができるようになりました。このようなグローバル社会が進む昨今で、今回は「デジタル課税」導入の動きについてご紹介させていただきます。

ecn1811030008-p1.jpg




国際課税ルールでは、国内に工場や支店などがない限り、外国企業の売上や利益に対しては課税できません。しかしながらGAFAなどインターネットを利用して国境を越えて巨額の利益をあげているIT企業が現れている今、大手IT企業への課税は国際的な課題となっています。イギリス政府は、大手IT企業を対象にした新たな「デジタルサービス税」を令和2年4月に導入することを決めました。
今後は、デジタル課税にかかわる国際課税のルールが策定されるのではないかと思われます。




https___imgix-proxy.n8s.jp_DSXMZO5293405003122019EA2001-2.jpg

英国の課税率について
英国で導入されるのは「デジタルサービス税」。国内の消費者が検索エンジンやインターネット通販を利用した際の売上高を対象とし、税率は2%としています。すでに導入計画は公表していましたが、やはり反発は強いままです。




https___imgix-proxy.n8s.jp_DSXMZO3710242030102018MM0001-3.jpg

デジタルサービス税を巡ってはフランスが昨年7月に導入。米国のGAFA(グーグル、アマゾン、フェイスブック、アップル)などを対象にデジタルサービス収入の3%を徴税。米通商代表部(USTR)は、同税への報復としてフランス産のシャンパンやチーズなど24億ドル相当の輸入品に最大100%の追加関税を課す可能性があると示したことが話題となりました。





今後はITによる国境を越えたビジネスがさらに拡大していくことが予想されます。売上に対してかかる税金に対しては未だに反対派の意見が強いですが、税収確保が急務の今、共通ルールが整備されると予想されます。




https___imgix-proxy.n8s.jp_DSXMZO4751333018072019EE8001-1.jpg

この記事へのコメント