◆10万円給付金の申請方法について:オンライン申請及び各市町村5月対応?◆

20200421-00010004-huffpost-000-2-view.jpg

メディアでようやく詳細が公になってきた「持続化給付金」制度。支給30万円と違って対象範囲が広がることから恩恵を受けられる世帯が多いはず。ここでは現時点で詳細になっている給付金の申請方法等について伝達いたします。






1.「持続化給付金」申請方法について

感染拡大防止の観点からの給付金の申請と給付の方法は、以下の通りとなります。

000610021.jpg

・市区町村は、受給権者に対し、給付金の申請に当たり必要となる申請書を郵送。
・申請方法は、主に以下のようにご対応頂きます。
申請書類の郵送
国において整備する受付システムを通じマイナンバーカードを活用して行うオンライン申請を基本とし、広報によりその旨を周知。なお、やむを得ず窓口で申請受付を行う場合には、受付窓口の分散や消毒薬の配置といった感染拡大防止策を徹底。
※給付は、原則として申請者の本人名義の銀行口座への振込みとする。





2.給付開始日について

給付開始日
市区町村において決定(緊急経済対策の趣旨を踏まえ、可能な限り迅速な給付開始を目指すものとする)。概ね5月中での対応措置となりますが、市町村単位での動きとなりますので、変動いたします。前もって各市町村のHPをご確認ください。

000182230_640.jpg

3.本給付金の目的について

本給付金施策の目的は、以下の通りです。
「新型コロナウイルス感染症緊急経済対策」(令和2年4月 20 日閣議決定)において、「新型インフルエンザ等対策特別措置法の緊急事態宣言の下、生活の維持に必要な場合を除き、外出を自粛し、人と人との接触を最大限削減する必要がある。医療現場をはじめとして全国各地のあらゆる現場で取り組んでおられる方々への敬意と感謝の気持ちを持ち、人々が連帯して、一致団結し、見えざる敵との闘いという国難を克服しなければならない。」と示され、このため、感染拡大防止に留意しつつ、簡素な仕組みで迅速かつ的確に家計への支援を行う。

※今回の経費補助は国が全額負担いたします。




4.給付対象者について

a2db36b278708af9103d436f08c8f3ee.jpg




【給付対象者】
基準日(令和2年4月27日)において住民基本台帳に記録されている者

【給付金額】
給付対象者1人につき 10 万円

【受給権者】
住民基本台帳に記録されている者の属する世帯の世帯主
※規定に記載のない問い合わせ等は、総務省HPをご確認ください。


この記事へのコメント