◆今がチャンス!?若者・シニアの起業編:起業の仕方とビジネスチャンスについて◆

kigyourogo.png

人生100年時代と言われるいま、最も注目を集めているのが副業や”起業”というワード。最近テレビドラマで「ハケンの品格」の新シリーズが始まりましたが、まさに”自分の身は自分で守る”。そのために知識・スキルを持つことが重要な時代になったと言えます。今回は「起業」について、「私でもできるのか…」、「具体的にどのようにして会社を立ち上げればよいのか…」疑問を払拭できるよう、情報をまとめております。






1.そもそも起業ってどうやってするの?みんなの会社事情について

「ステップ1」、起業の仕方や流れについて整理していきましょう。まずは、よく街中で見かけるお医者さんや飲食店等も、あなたと同じように「起業しよう」と活き込んで立ち上げられた事業の一つであることを、認識しておいてください。




sinten.jpg

この話をすると、8割方で「元々お金持ちだったんでしょ?」って想像されるケースが多いのですが、実はあなたの身近にある会社やお店の多くが金(借入金)があります。表に出していないだけで、事実です。




「えーっ!!医者が借金するわけないじゃん!」、「あの飲食店、すごく流行ってるし、店長ベンツのってるしお金持ちだよー」なんてお返事が返ってきそうですが…。元々預金が潤沢にあったり、身内からお金を出資してもらって起業するケースを除き、多くが金融機関から創業にあたっての融資を依頼し、会社の立ち上げを行います。

okanetyoutatu.png




【起業の流れ】
将来どのように仕事と向き合っていきたいか等、改めて自分の人生設計を見直した結果で「起業したい」という考えに至った方もいるでしょう。実際に起業に向けて行動を起こす前に、以下の流れで進められることをご確認ください。

unnamed.png
👆個人事業主の場合




seturitutetudsuki.png
👆株式会社等、法人設立の場合




seiri.jpg

2.起業その1:あなたのアイデアは何?整理すべき内容と起業の目的について

さて、ここからが本題となります。一般的に起業を検討されている場合「何をもって」起業されるのか、会社を立ち上げて「何をしたのか」を明確にする必要があります。起業する目的は「お金儲けのため」という理由もあれば「○○を通して地域に恩返しをしたい」等様々です。白紙に「自分が何をしたいのか」を書き出してみたり、情報が理想論で終わらないよう、起業までのステップ(流れ)を一度整理してみる必要がありますね。

map.png
※開業時のアイデア整理に限らず、上記のようなマインドマップ等は経営者になっても必要とされています。




また事業内容ごとの成功事例や失敗事例を押さえておくことも必要ですね。最短で事業を軌道に乗せるためには”成功者の足跡”を辿るのが最も早く、かつ投資対効果・時間面でも有効的です。様々なサイトで体験談や事例公表がされていますので、参考にしてみましょう。




kigyousya.jpg

起業に楽な道はありません。インターネットで拾えなかった情報等は、実際にコンサルタントやセミナー等で聞いてみるのも、情報収集手段としては必要ですね。例えば各市町村の商工会議所・商工会等では、毎年”創業塾(スタートアップセミナー)”や”スキルアップ講座”等を開催しています。多くが無料だったり、通常の民間のセミナーよりも安価に受講できるため、おすすめです。

sougyou.jpg




~まとめ~
創業時には、”何が私に足りていないか、段取りは大丈夫か”諸々整理すべし!
多くの方は、自分の商品やサービスに惚れ込んで起業を決意します。そしてほとんどのケースで失敗します。逆に成功する人は、顧客の悩みや、需要・ニーズを見つけて、起業を決意します。この違いは簡単に見えて、とても大きいように思います。ニーズ(需要)の無い分野で起業を試みたり、顧客を作り出すノウハウを知らずに起業するのは非常に危険です。ゼロから顧客を見つけるまでに、多くの時間と資金を失う(投資する)ことになるからです。(参照:起業に必要なこと、知っておくべきこと(Quora)

seiria.jpg






3.起業その2:資金調達はどこから?事業計画書の存在と金融機関について

お金というものは、潤沢にあるものではなく有限です。大学生であればアルバイトをしたり、社会人であれば給与として”労働の対価として”支給されます。もし起業するにあたって開業資金が足りない場合、何も”全額を自己資金で補填する必要はありません”。そう、金融機関から借入をすればよいのです。

融資.png




実は創業者向けの融資に関しては、通常よりも借入のハードルが低いと言われています。もちろんローンの滞納やブラックリストに載っている等、例外を除きますが、概ねどの金融機関も”創業者向けの融資制度”が整備されているものです。

sogyo_b.png




また上記のように、各市町村の商工会議所・商工会で創業相談や経営支援を受けていれば、融資の利率(金利)低減を図ることができたり、法人設立する際の登記費用が減免される特典が付いてきます。まずは商工会議所等に相談することも視野にいれておきましょう。




【事業計画書の作成について】
上記に述べた通り、創業者向けの融資制度はハードルが低いのは事実ですが、一方で返済余力や可能性を金融機関に示す必要があります。それを記載した計画書が「事業計画書の書き方について~創業スタートアップ向け~」と呼ばれるものです。

zigyoukeikaku.png




この事業計画書を作成し、借入の根拠と売上等の計画を伝達することができれば、申請者の自己資金等の金額にもよりますが融資を通すことができます。「お金がないから、起業なんてできない」と鼻から諦めず、起業家を応援する国の制度や金融機関があることを知っておきましょう。



4.起業その3:お金の流れと販促手法は怠らずチェック!~事業が軌道にのるまで~

経営者とお話をしていると、意外とお金の流れ(キャッシュフロー)の仕組みを把握していない方が多いように思います。これから起業を検討されている方や、いま会社経営をしているが”うやむやにしてきた”という方は、改めて決算書等の見方を見直しましょう。




rieki.jpg

zaimu.png




難しい漢字がたくさん羅列されているように思われがちですが、そこまで複雑な内容ではありません。要するに「年商3億円!!」と謳っている会社があったとして、実は利益が残っていない(赤字)会社や現預金が少なく、売掛金が過剰で回収が困難になっている等の会社はたくさんあるということです。




こちらの記事に、お金の流れ・仕組みが分かりやすく図示されています。ご参考ください。

a.png




また事業を軌道に乗せるまでの販促投資も見逃せない内容です。チラシ・HP(ホームページ)等、方法は多岐にわたりますが、まずは身内や近隣から告知を進め、徐々に公知にしていく方法が無難でしょう。下記の記事に無料でできる販促投資について、ご紹介しております。

IMG_2532.jpg




~まとめ~
借入は悪事ではない!お金の流れを整理し、利益を生み出す仕組みを考えるべし!

誤った固定概念で「金融機関から借入をする=悪いこと」という認識がもたれがちですが、決してそのようなことはありません。(その説が正しければ、日本の約300万社のほとんどの会社が悪いことをしてることになります)




借入をするということは、当面の運転資金の確保という面だけでなく、新しい事業に投資をする等前向きな借入意図もあります。むしろ借入をしていなくて売上減少している場合は「成長性がない」という見方もされますので、この認識があった方は払拭しておきましょう。

kariire.jpg



5.その他:行政・税務署等の申請手続きについて

会社を設立するにあたっては、開業届等手続きを踏まなければなりません。これを怠ると、ペナルティ等ないものの税務署等から確認があったり給付金等の申請の際に時間がかかったりします。あらかじめ、チェックしておきましょう。




as.jpg

今回は創業関係に関する記事をご紹介いたしました。あらゆるモノ・サービスが溢れ、コロナ関連等の外的要因が起因して事業に失敗するケースだってあります。綿密に、でも意気込みをもって前に動いていきましょう。


この記事へのコメント