◆「SDGsへの取り組み、進んでいますか?」SDGsパネル設置で理解促進へ(鳥取商工会議所)◆

14.jpg

鳥取商工会議所(鳥取県、児嶋祥悟会頭・鳥取瓦斯)はこの度、「持続可能な地域づくり」を目標に掲げたSDGsに関する展示コーナーを同所1階ロビーに開設したことが、同会議所の発表で明らかになりました。これを記念して行われたオープニングセレモニーでは、同所の児嶋祥悟会頭より「鳥取商工会議所SDGs宣言」が高らかに読み上げられました。




1C38E476-D5FA-4472-B3BC-A75AD4CF4364_1_105_c.jpeg

周知の通り「SDGs」とは、国連加盟国が2016年からの15年間で達成を目指す17の国際社会共通目標のこと。同所はそのうちの一つである「17.パートナーシップで目標を達成しよう」の行動理念に共感し、同所会員でSDGsに先進的に取り組む13の企業・団体と連携しパネル展示を実施しています。展示コーナーでは、将来を担う学生の研究成果などを紹介し、SDGsにつながっていることへの気づきを与える場として位置付けています。

また同所は「より多くの来館者がSDGsに触れ、身近に感じてもらうことで、住みたいまち・住みやすいまちづくりの実現を目指す」と意気込みを見せています。昨今では本施策の理解促進のためのゲーム「SDGsゲーム」の普及も見受けられ、ますます地域の大企業から中小零細企業までが、この取り組みに前向きに動きを見せている状況です。




11.jpg

なお、パネル展示は、今年度末まで行われ、時間は平日の午前9時から午後5時までの予定です。

この記事へのコメント