◆破産者の融資の仕組みについて◆

4.jpg
自己破産が社会問題となっているこの頃、破産者が融資を受けることはできるのでしょうか。一般的には、自己破産者になった後の融資について悩んでいる人が増えているといわれます。将来設計と現実がずれたためにローンの返済が滞った人や、連帯保証人になったなどの理由で自己破産者になる人がいます。




min_013.png

一度自己破産者になってしまうと信用度が失墜するばかりではありません。株式会社や有限会社の取締役や、他に生命保険の外務員や警備員などの職業にはつけない等の資格制限を受けることになります。自己破産から少なくとも10年間、免責がなければこの条件は維持されるものとなります。




新たな融資を受けようとしても、審査の時に破産者であるという事実が判明すれば、たいていの金融会社は融資を行おうとしません。いろいろな事情で自己破産者になっても、融資を受けたいと言う場合はいくつかの方法があるようです。会社の設立資金の為の融資の場合、代表者を破産者になった人ではなく、配偶者や家族の名義にする事で融資が受けられる場合があります。

1.jpg




確実なのは破産者のブラックリストからの消滅を待ってから融資を申し込む方法です。家族の名義で融資を受けるという方法はともかく、ブラックリストが名前が消えても破産者であった前歴から融資を断ってくる金融会社もあります。自分の経済状況などによっては破産者も融資を受ける事が可能となる場合もあるようです。



この記事へのコメント