◆これで就職活動を制する!~得する、抜け駆け?求人情報の見方編~◆

555.jpg
紹介による求人取得、シークレット求人、ヘッドハンティング等、様々な採用経路が存在する就職活動について。これから活動を始められる方は「いったいどれから手を付けたら良いんだろうか」と思うことは少なくありません。そこで今回、求人サイトを中心として見方・面接までのコツ・採用形態に即した求人媒体の見方等を一挙に公開いたします。ご参考になれば幸いです。






1.求人サイトとは?

ハローワークや折り込み広告だけでなく、求人サイトで求人情報を探すという人は多くなっています。求人探しは転職活動の鍵となる大事な要素です。インターネットの環境があれば曜日や時間を選ばず利用できますし、気にいった求人の問い合わせや応募も可能です。なによりも自分の探している仕事をキーワードなどを入力するだけで、求人サイト内で検索する事ができます。

tenshoku-agent-map.jpg




求人雑誌などをめくって一つ一つ見ていくよりも、効率よく仕事を探す事ができます。求人サイトによって、正社員や契約社員だけ、もしくはアルバイトだけ、その両方など仕事の形態によって分かれています。自分の希望する形態の求人を分りやすく探す事ができます。求人サイトは、初めて就職する人だけでなく、転職する人にも便利なサイトです。




現在の仕事を辞めずに就職活動に取り組みたいという人は、就職活動で使える時間が働いていないほど多くありません。求人サイトを利用することによって、自分の都合のいい時間に家にいながらできますので、人知れず転職活動が可能です。

moral.jpg




仕事探しに取り組むならば、自分の適性に見合った会社に就職したいと考えるものです。従来の求人情報では、詳しい情報が手に入りにくかったため、ある程度話を進めてみなければ仕事の内情がわからないというネックがありました。求人サイトによっては、特定の会社をより細かく記述しているところもあります。先に就職している人の体験談や会社の今後の見通しなど役立つ情報を色々と手に入れられるでしょう。

自分に合う会社かどうかも、求人サイトなら判別がつきやすくなっています。




2.求人情報は人それぞれの目的によって上手に使い分けを

就職活動に必要な求人情報は、いろいろな情報媒体に掲載されています。新聞には求人のチラシが入っていることもありますし、求人のフリーペーパーがあるお店もあります。最近は、パソコンやスマホから閲覧が可能な求人情報サイトで、最新の情報をキャッチしている人が多いようです。

kv.jpg




これらの求人情報の媒体は特徴がそれぞれ異なりますから、使い方を間違えると転職活動や就職活動がうまくいかないということもありうるので注意しましょう。色々な情報を網羅したい時には、求人情報サイトを活用して、情報を手に入れるといいでしょう。




求人サイトのメリットは、場所や時間帯に関係なく、ネットが使えれば利用が可能な点です。サイトに登録する時に自分の情報や欲しい求人情報の条件を入力しておくと最新の情報が来た時に通知が来るシステムもあります。じっくり待つつもりならいいのかもしれませんが、求人サイトからの情報を待つばかりでは、肝心なタイミングで情報を見逃してしまう可能性があり、注意が必要になります。




sae.png

求人情報をより能動的に手に入れる方法としては、転職エージェントに登録するというものがあります。転職エージェントは、まさに転職の専門家集団ですから安心して任せることができます。こちらの希望を聞いた上で、マッチング率の高そうな仕事を紹介してもらえます。

こちらが想定していなかった業種を提案されることもあります。どういう方法で求人情報を得るかは、つきたい仕事や自分の能力、雇用条件など、色々な要素によって決まります。





3.就職活動に役立つ求人情報サイトの種類

最近は、多くの人がネットの就職サイトを利用して就職先を探していると言われています。ネット上には、多種多様な就職サイトがあります。求人数が絶対的に足りていない近年では、求人情報をいかに素早く得られるかは重大なテーマです。




一定の職種や業種を希望する人だけが利用するような、就職サイトもふえています。新卒の学生に限定した求人情報を扱っていたり、中途採用者のための求人を扱うなど、内容はサイトにより様々です。新卒者対象の就職サイトの場合には、先輩の経験談や就職活動そのものの基礎知識が細かく掲載されています。面接や電話でも言葉遣い、服装、手紙の書き方など、学生がまた知らないであろう情報を広範にわたって得ることがてきるでしょう。

20170615_01-1.png




中途採用者を対象にした就職サイトでは、基本的な部分は既に把握しているものとして、転職に際しての心構えや職務経歴書の書き方が載っています。求人情報の案内だけでなく、スカウトサービスも手がけているサイトも少なくありません。中途採用の応募を考えている人には、スカウト制度は役に立ちます。職種を絞った就職サイトも、最近は増えています。

Src_recu_agent_next.jpg




自分がどの業種で働きたいか決まっている人なら、金融なら金融、デザインならデザインなど、特定の業種だけの求人情報が掲載されているサイトを利用するほうが効率的です。デザイナーや医療関係といっても、かなり幅広く職種があるので、こういった方面の就職を希望している人は、こういった専門の就職サイトを利用したほうが良いでしょう。




最近は、海外での就労を希望する人が増加しています。ですが、語学力やピザの関係もありますので、それらに気をつけて仕事を探すことになります。就職サイトは、自分がどんな就職をしたいかによって、使い分けるといいでしょう。





4.求人情報の種類

求人情報というとインターネットサイトや求人雑誌、ハローワーク、新聞や折り込みチラシなど、いろんな種類の求人情報があります。求人情報もいろいろなタイプのものがあります。これから自分の働きたい分野や業界によって選択しなければならないのが、求人情報というものです。

5.jpg




自分に適した求人情報であれば、仕事を見つけることが効率よくできるでしょう。インターネットは勿論、求人欄がある英字新聞や英字の雑誌なども、外資系や語学系の求人情報を探すならば調べてみる必要があります。会社の求めるレベルが高い語学系の場合は、その時点で英字新聞を読む人とある程度限定してしている事もあり得るようです。




664.jpg

求人を大都市ではなく地方都市で探しているときには、ハローワークにおいて地元企業の求人情報を調べることができるそうです。自分が住んでいる所に近い近県などの地域にある求人を紹介してれるそうです。求人チラシが新聞の折り込み広告と一緒に入ってくると思いますが、これも地元の仕事の場合は有効な仕事探しの手段ではないでしょうか。

仕事への応募者は、地元新聞紙の求人情報の場合は、新聞を見ている人に限定されることになります。インターネットの求人サイトに掲載されている求人情報と比べると応募数が限定されるというメリットがあります。根気強く1度や2度の失敗にくじけることなく求人情報を調べることが、いちばんの採用を勝ち取るための近道なのです。

5.派遣の求人情報を探す方法

効果的に派遣の求人を探すにはどんな方法があるのでしょうか。正社員や契約社員とはいろいろと異なるのが派遣社員として雇われる場合です。自分が勤める会社と雇用契約をするのではなく、契約するのは派遣会社とになります。




55555.png




就業条件の打ち合わせや仕事内容の説明、給料の支払いなどを派遣会社は行うようです。派遣の求人を探す場合には、契約関係を結ぶ人材派遣会社を探すのか、派遣の仕事の求人を直接探すかになります。どのような求人を紹介してもらえるか、どんな特色がその会社にはあるかが大事なのが、人材派遣会社を探す場合です。

img_temporary-01.png




最近は人材派遣会社の数も増え、それぞれの差別化が進んでいます。特定のエリアの求人をたくさん持っている地域密着型やマスコミ系に強い人材派遣会社など特徴的なものもあるようです。場合によっては大手の派遣会社で、ビジスマナーの講習やパソコン講習を受ける事が可能だったり、施設を割引料金で利用可能なこともあるといいます。




その一方で、インターネットの求人情報サイトを利用することで、直接派遣の仕事を探すという方法もあります。希望の職種や待遇で検索をすることで、効率的に求人情報を探すことができます。いろいろな求人情報サイトに自分の情報を登録すれば、スカウトが来たり仕事情報が派遣会社から知らされてくることがあるので便利です。

この記事へのコメント