◆これで就職活動を制する!〜転職活動の基礎と抑えておきたい支援制度について〜◆

111.jpg
会社員であれば、一度は考える「転職活動」について。実は昨今の転職市場はかなり活発化しており、1社での永年勤続という形態は古い考え方とも言われています。そこで今回は、現在転職活動を検討されている方向けに「効率よく転職活動を進める」ノウハウについてご紹介いたします。






1.転職活動時にコンサルタントを活用する方法について

キャリアアップや職場環境改善のために転職を考えている方も少なくないのではないでしょうか。転職したいという意志はあるものの、情報収集や面接対策を行う時間の余裕はなく、独力で転職活動をするだけでは成果が上がらないという方もいます。





効率的な転職活動をしたいという場合は、プロの転職コンサルティングにアドバイスを求めるという方法もあります。就職活動は、全てを自分で決めて、自分の判断だけで進めることもできます。しかし、その場合、見誤っていた時にリカバリーがききません。外から見ていた時はわからなかったけれど、実際に会社の一員として仕事をしてみたら、問題点が噴出することもあります。

スライド1.jpg




けれども、入社後の職場環境について、採用が決まる前知ることは、無理といってもいいでしょう。その点、転職支援のコンサルを介して行えば、その会社の実情を把握することが可能になります。興味を抱いた企業について聞きたいことがあったとしても、自分で聞くのではなく、就職支援会社を経由して質問ができたほうが安心です。

tess.jpg




どんな仕事につきたいか、曖昧にでも相手に伝えておくことで、いい仕事があれば、就職支援会社側から教えてもらえます。就職斡旋のプロから提供してもらえる情報ですから、自分だけで情報収集をするよりも、的確に情報を得ることが可能です。就職活動は、1人でやろうと思えばできなくはないですが、より希望に合致する情報を探したいという場合は、プロの手を借りるというのもいい方法です。今の仕事を退職し、転職をすることは人生の一大転機ですので、自分の希望をきっちりと伝えてコンサルティングと相談しながら転職先を決めるといいでしょう。



2.障害者の求人状況について

障害者とは、何らかの機能の不全があるため、日常生活や社会生活に不便な点がある人のことです。近年では景気が回復傾向にあることで、障害者雇用促進法が改正されました社会的な関心を障害者の就職が集めるようになったといえるでしょう。障害者雇用といえばかつては大企業の取り組みだったといえます。

00.png




近頃ではベンチャー企業や中小企業にも障害者の就職事例が増えているのも事実です。最近増えているのは障害者の求人を専門に扱う人材あっせん会社で、これは障害者にとって就職の機会を得やすいでしょう。求人の時点で仕事の内容が決まっていないものが、近年の障害者の就職では多いそうです。会社が障害者採用の枠を用意し、仕事内容は就職する人の希望やできることに合わせて決まることになります。

syurou_shien_1.gif




障害者採用を法律的な観点からは進めてはいるものの、どのような業務を任せたいかが企業側もはっきりしていないという状況がわかるのではないでしょうか。企業から自分のできることに合わせて仕事を提供してもらえるというチャンスが、就職をする側にとっては得ることが可能です。職種が応募をする時に曖昧なことから、はっきり志望動機を示すことが難しいこともあります。障害者の就職にとって大事なことは、自分には何ができるかどのようなことをしたいかという部分をはっきりさることで、志望動機に代えることかもしれません。




3.転職サイトとハローワークの活用について

転職サイトとハローワークどちらの方が就職活動に向いているのでしょうか。答えは両方とも登録した上で、実際に使って判断する、がベストでしょう。ハローワークも登録サイトも、いずれも長所と短所があり、一概にどちらがいいとはいえません。
1111.jpg



インターネットには幾つも転職支援サイトがありますので、求人内容をざっと見て、自分に合いそうなところに登録をするといいでしょう。業種を限定して求職情報を掲載しているサイトやある地域の求人情報を掲載しているサイトなど、特性はサイトによって色々です。探したい求人情報が載っていそうなところを見つくろって登録してみましょう。

2222.jpg



サイトによっては、求職側が自分のプロフィールや希望の職種を登録しておき、企業がそれを見て連絡をするスタイルもあります。資格や経験のある方は有利に就職活動を進められるでしょう。地元の企業や中小企業はハローワークに求人を出すことが多いため、ハローワークでなければ見つからない求人もあります。ハローワークは、地方での転職をしたいと思っている人に向いているサービスです。

45.png




会社によっては、ハローワークから来た人を率先して採用している場合があります。これは、ハローワークから紹介された人を雇い入れた会社には、補助金が出るというシステムがあるからです。職業訓練についての案内や転職活動のためのセミナーなども、ハローワークの主催で定期的に開かれている場合があります。就職が難しい不景気の昨今では、就職支援が充実してきています。どんな情報が自分の転職活動を有利にしてくれるか考えながら、ハローワークや転職サイトの情報をチェックしてください。




4.就職活動で情報を集めるポイント

就職活動をする上で情報収集を、することは大事なポイントです。役立つ情報が欲しいのであれば、それなりの時間と労力が必要です。就職活動で良い情報を得るためには、面倒なことをしなければならないケースもあります。

6.jpg




就職活動中は、筆記試験の対策をしたり、面接の練習をしたりなど、次から次へとやらなければならないことに追われてしまう事があります。時間は有限ですので、その中で、効率的に情報を集めていかなければいけないのです。ポイントは、キーパーソンへの質問です。効率を上げるには、そこそこの10人に聞くよりも、その道のプロ1人に聞くほうが手っ取り早いということです。ライバルよりも頭一つ出るためには、みんなが知っていることだけでは不十分です。

moral.jpg




限られた時間の中で、いかに質の高い就職活動に役立つ情報を得ることができるかがポイントです。プロに聞くということは、忙しい就職活動では、ただ就活サイトを見ているだけよりは、はるかに有益な情報を得ることができます。大変に感じるかもしれませんが、就職活動を成功させるためには、情報収集に骨を折ることです。就職活動がうまくいくようにするには、企業が主催する就職セミナーや先輩への訪問などに積極的に行動することです。

5.派遣は高収入の仕事!?

派遣の仕事に取り組むことで高収入で働くという方が増えているようですが、派遣が高収入になりやすいのはどんな理由からでしょう。派遣の仕事は正社員などと異なります。登録した派遣会社はもちろんのこと派遣先の会社にも保健の加入義務が無いからです。会社側は、正規の雇用を行うとその社員を社会保険や健康保険などに加入させる義務があり、更に保険料の一部も会社が出します。




4.png

派遣の仕事はこのような保険がかからない代わり、高収入が期待できるわけです。派遣で働くデメリットは、社会的な面からの保証が正社員ほどは手厚くないことです。収入が安定していないため、キャッシングやローンでも不利になるようです。先々の安定性を考えると派遣で働くことは不安点が多いといえるでしょう。もちろん派遣の仕事にはメリットもたくさんあります。

555.jpg




高収入ということが最大のメリットです。それなりの収入になりますので、留学やキャリアアップの勉強など、自己研鑽のための資金作りには適しているといえます。派遣の強みは高収入であることだけではありません。本来ならば正社員としては働けないような大会社で働く機会を得られます。いくつかの会社を体験して経験を積むことによって視野が広がったり、新たな世界に触れる機会を得ることができることもあります。高収入や不安定という固定観念からだけではなく、色々な観点から派遣という仕事を選択することもメリットのある働き方だと考えられます。


この記事へのコメント