◆就職活動・転職活動希望者必見!:就職・転職活動の進め方とノウハウまとめ◆

7.jpg
昨今のライフスタイルの変化や働き方の多様化を背景に、一社に留まらない勤め方副業・派遣による仕事の受注等が主流となっています。実は肝心となる進め方に「効率的な情報収集」と「正確性」が求められていることをご存知でしたか?今回は活動中・活動前の方向けに、これにかかるノウハウをご紹介いたします。





1.失敗しない就職のための求人情報の収集

求人情報の収集について

様々な媒体に掲載されている求人情報から、採用されたい会社を見つけることが「就職活動」の基本です。この先、就職活動に取り組みたいという方は、理解しておくべき事柄があります。

image.png




就職活動を開始する事情は個人差があるでしょうが、何から手をつければいいかは大差はありません。掲載されている求人内容を確認し、自分の条件で応募可能なものがどれかをピックアップしてみて、応募したい求人を抽出していきます。求人募集をしている会社はどのような業界なのか、どのような職種で人が必要とされているのかを見ておくことがポイントとなります。

140515_gyousyu.png

はなから就きたい職種が決まっているのであれば別ですが、そうでなければ転職市場の状況を把握することからはじめてみましょう。あえて、多業種の中から選ぶようにすることで、予想外の仕事が自分の適性に合致していることもあるといいます。自分


の持っている技術や職務経験が、思いもかけない業種で生かされることがわかり、就職先がスムーズに決まる場合もあるようです。

現時点での就職活動はどんな条件で行われているのかを確認することで、どんな就職活動をすればいいかがわかります。とんな就職活動をすればうまくいきやすいのか知るためにまずは求人情報の傾向を掴んでおきます。ハローワークや新聞の求人欄のほかにも、求人情報誌や求人サイトなど、仕事探しをする方法は数多くあります。後悔しない就職のためにできるだけ多くの求人情報を見て、しっかり比較検討することが大切です。




就職活動における情報サイトの活用について

就職活動をしている人が効率的に情報を集めるには、就職サイトが役立ちます。どのような方法で、就職サイトを就職活動に利用していくものなのでしょうか。

a.jpg

いくつかの就職サイトを見て回り、気になったところかあれば、いくつでもいいので、まずは会員登録の手続きを行います。様々な情報を網羅している大きなサイトだけでなく、特定の業種や地方の求人に強い就職サイトも存在します。求人を探し、応募をする以外にも、サイトの使い方はあります。




求人の探し方、面接対策の方法など、いろんな知識を得ることができます。就職先を探す学生達を全力で支援するために就職サイトでは、役立つ情報や有益なサポートなどを、プロの知見から集めた情報が、長年かけてしっかりとまとめられています。自己分析の具体的なやり方や履歴書やエントリーシートの書き方などが、丁寧に説明されているサイトもあります。

b.png




就職エージェントという方法で就職活動を助けるサイトもあります。何をしてくれるかはサイトによって違いますが、日程調整や履歴書の点検、就職カウンセリングなどのサービスが行われています。就職サイトの登録にはお金がかからないところがほとんどですので、積極的に使っていきましょう。満足のいく就職活動ができるように就職サイトなど使えるものは使って、情報集めに取り組んでください。




求人情報を事前に確認することの必要性について

求人情報を吟味する時には、その会社についてもリサーチを行うことが重要になります。アルバイトや正社員などの求人を見るといろいろな情報が載っているのですが、その中には記載通りで無い場合もあります。

190603_pic04.jpg

そのまま鵜呑みにしてはいけないもの、求人を出している会社側があえて求人情報として記載していない事もあります。求人を出す会社によっては、本当はこういう人が欲しいんだけど、それを直接そのままの表現で書くことができないので書き方、表現を変えているということがあるのです。例えば、女性歓迎のような記載があった場合には、文字通り読むと女性を歓迎することであり、男性でも問題ないという意味になります。この場合、会社としては、できれば女性を採用したいと強く考えていることがあります。




もし会社の意図が女性の採用にあるなら、男性が応募しても時間の無駄になってしまいます。この例のように求人に掲載されている情報を鵜呑みにせずにしっかりと事前に確認しておくことも大切です。求人を出す会社にとっては特定の人を採用したいというケースはよくありますが、場合によっては法律によって記載することが出来ずにあいまいな表現に変えている場合もあります。

5.jpg




特に年齢や性別などは求人募集の際には条件を定めるような記載を自由にすることは出来ないようになっています。求人の情報をチェックするときには、文字通り解釈するのではなく、常に募集している会社の事情を確認することも必要になります。応募してからでは聞きづらいこともありますので、求人票を見ていて気になることがあれば、まずは問い合わせるなり、調べるなりするといいでしょう。




2.転職を考える年齢について

転職って、いつぐらいから考える?

転職したいと思う人は30代後半に増加するようですが、求人は足りているでしょうか。職務に対する正当な評価が得られていない、実績をあげていても待遇が良くならないなどで転職を考える人もいます。

tess.jpg

今の会社よりも待遇が良く、働きがいのある仕事をしたいからと転職をする人は少なくないようです。けれど、3割が転職によって給料が高くなったものの、4割は転職によって給料は逆に下がる結果になってしまったという統計も存在します。




長引く不況の影響からか転職をすることでの大幅な年収アップはなかなか見込めないといった傾向があります。長期的に判断した時に今転職をしておくことで収入を増やせるという人もいます。求められる職務内容と自分の能力をトータルで考えた上で、転職後に評価が上がるだろうと転職を決める方もいます。




aaa.jpg

私生活に割く時間をもっと増やしたいからと転職をするという人もいます。転職活動をする時は、給与や勤務地、休日日数、残業量など、どんな点に着目したいかを明確にしておくことが成功につながります。人それぞれかもしれませんが、男性は特に家族の理解の有無で転職活動がスムーズかが違います。黙っての転職は後々のトラブルになりかねません。




一方、女性の場合は家族環境などとは関係なく、転職したいと思った時に転職活動に取り組めるようです。全く知らない分野への転職を果たす人もいますし、これまでの経験を武器に同じ業種に行く人もおり、年齢や性別でも転職の内容は色々です。

転職で中途採用を目指すのであればキャリアが重要

転職を目指し、中途採用に応募する場合、どんなキャリアを持っているかが重視されます。中途採用枠で人を雇い入れたい会社の場合、以前の会社でどんな能力や資格を得たかを重視して採用を決めます。

graph6-2.png

中途採用では、すぐにでも会社の戦力になれる人材を着たいしていますので、職務経験や資格のほうが大切になります。もしも、転職をするために中途採用枠で面接を受けるなら、今すぐにでも会社にとって必要な存在になれることを示すことが重要です。経験のない人でも採用するという会社であれば、キャリアや実績を意識することはありません。




転職がキャリアアップにつながることを期待しているなら、どんな会社に応募するかが重要になります。転職活動をスタートする前に今まで自分がどんな経験を積んできたかを改めて確認することが重要になるでしょう。自身の持つ実績や能力を必要としてくれる企業を選び、応募をすることが、キャリアアップの道筋です。

cari_ogp55.jpg




第二新卒は、新卒で採用されてから、短期間の勤続年数を経て別の仕事を探して、再び就職活動をしている状態のことです。中途採用者は職務経験やキャリアが重視されますが、第二新卒は経験値的には新卒と大差なく、学歴や職業適性などが問われます。と経済情勢が良くなっていることもあり、求人に対して応募が少ない状態が続いていることから、第二新卒を獲得したい企業も少なくありません。企業によって、中途採用を募集する目的は異なっていますので、転職活動を成功させるためには、会社側の考え方を推測する必要があります。




中高年の転職先の見つけ方について

どんな方法が、中高年の転職先探しに有効な手段となりえるものでしょうか。中高年が転職を成功させるには、よい求人を見つけることが大切です。探し方を誤らなければ、一定の求人が常に存在しているような職種も存在はしています。

664.jpg




時にはしばらくアルバイトなどで収入を得ながら、条件の合う求人の登場までチャンスを待つことも必要になるかもしれません。転職活動のため、単純作業や交通整理などのアルバイトをしながら、求人先探しをしているという中高年も大勢いるといいます。その時々の判断を見誤ったために元の木阿弥になってしまうということもあります。よく考えて転職を決めることも重要です。




最初は考慮に入れていなかったような求人が、案外と自分の適性に合致していたりもします。そのため過去の経歴や自分の得意分野だけにとらわれずに多くに求人情報を見ることも大切です。転職活動では、今までの考え方から出ることができずに苦戦する中高年もいます。古い価値観だけで物を見ず、広く物事をとらえてみましょう。これまで積みあげてきたプライドを一時的に取りはらうことで、中高年の転職活動はうまくいく場合があります。中高年の転職を成功させるためには、未経験の業種にも飛びこむような思い切りの良さが必要になります。




人材派遣会社に登録して仕事を紹介してもらう方法

派遣で働きたい場合は、人材派遣会社に登録をして、自分に合う仕事を紹介してもらうというシステムになっています。企業の方針として派遣の人材を増やしているということがあるため、派遣業界が活発化しています。

aaaa.gif




正社員のように終身雇用にならないことが派遣の弱点ですが、その分、働き方に自由がきく部分もあります。企業によっては、派遣社員の中でも会社に必要な人材は正社員に登用する仕組みを持つところもあります。派遣債の会社に正社員として採用されるシステムを紹介予定派遣と言いますが、人材派遣会社によっては、こういった仕事を多く取り扱っているところがあります。




これから先、正社員への道を目指して仕事をしたいと思っているならば、紹介予定派遣を行っているような派遣会社を選ぶといいでしょう。人材派遣会社は、もともとは正社員になるための会社ということではありません。派遣社員として働きたい人を、派遣で働ける人材を探している企業に紹介をするのが、人材派遣会社のもともとのサービス内容です。

t.png

もしも派遣社員として仕事をしたいと思っているなら、紹介を受けるために人材派遣会社に登録します。パソコンソフトの操作や英会話など、派遣として働くために必要な講座を開設している人材派遣会社も存在します。講座は無料であることが多く、時間を作って上手に活用すればスキルアップによって、より有利な条件での派遣の仕事を見つけることができるようになります。派遣の仕事は幅広いチャンスがありますし、その中で自分に見合った仕事に出会うこともあり、経験を増やすことができます。




転職活動の履歴書作成のポイント

どんな書き方をすれば、転職活動がうまくいく履歴書が書けるでしょう。内容の充実した履歴書を書くことができなければ、一次選考の段階で落とされてしまいます。

ag.jpg




転職を目指す人が履歴書を作成する場合、志望動機をどう書くかが大事です。大きな企業に入りたい、よい待遇を求めているという動機では、企業側の目に止まりません。転職をするに値する動機を記載する必要がありますので、これまでの経験や仕事を踏まえた、今後の見通しを書くことです。どういった点に注意をして、志望動機を書くべきでしょうか。重要なことは、企業の今後の成長方向を理解しているか、求人内容には沿っているか、実績や経験を活用できるかどうかです。




動機欄を書く時には、90%は文字が入るように心がけます。今までやってきた仕事を具体的に書いた上で、動機に繋げる文章にしていきます。募集企業がどんな人材を求めているかを踏まえて、今までの実績とスキルから自分がどれほど戦力になるかを主張するのが履歴書作成のコツです。スカウトメールをもらったから、単に求人条件が合うから、給料がいいからというような動機では好印象は得られることはありません。




6.jpg

アクティブに動かなければ、転職活動は成功しません。会社側も欲しい人物があり、即戦力を求めていることが多いようです。業務に関する知識は全くないけれどやる気だけはありますというアピールは受け付けにくいようです。履歴書を通じて自分自身を会社に売りこむような気持ちで作成することで、転職活動の強力な武器となります。

3.仕事の選択をする時の方法と注意点

仕事選択の注意点等について

仕事の選び方や探し方を知っておかないと就職活動をスタートさせても、希望の仕事にたどり着くことができません。仕事を選択する時に考慮すべきポイントとしては、今の仕事で培った経験をよく把握しておくことです。行き当たりばったりで転職先を探すような転職活動をしていると短期間で辞めることにもなりかねません。




24.jpg

現在の会社を退職し、新しい会社に転職することは、本当に自分にとってプラスになる判断なのか、他の手段はないかも考えましょう。職探しを始める時点で何歳になるかは、大事なポイントになります。若い人は転職先を見つけやすいですが、年をとるとその分不利です。

経験のない業種で働くことを希望すると就職には不利ですが、実務経験がある人なら、すぐに採用されることもあります。過去の実績や経験を活かした仕事探しをするなら、いい巡り合わせがあればすぐにでも採用されるでしょう。転職する時にポイントとなるのは、やりたい仕事について明確なものがあるのかどうかです。




1.jpg

最近は売り手優位の市場だからと気軽に転職を目指しても、思うようにはいきません。企業からすれば、短期間で退職してしまう人は避けたいので、いろんな会社を転々としている人は要注意です。いくら売り手優位の転職市場でも、一つの会社を長く勤めた経験がないような人は、採用しづらいと見なされます。なぜ転職を決断したかは人によって違うでしょうかが、退職を決断した時は次の仕事のことも含めて、現状をじっくりと考えましょう。




自分の理想に合った求人を探すために役立つツール

ハローワークは、職業の斡旋や雇用保険などに関わる業務を扱うところであり、仕事探しに利用されています。ハローワークまで行き、登録手続きを済ませることで、求人情報を得られるだけでなく、仕事探しについての相談も受けられます。就労に必要な技術や資格を取得するために学べる場も設けられており、多くの人が利用しています。

aaaaa.jpg

ハローワークによっては、履歴書の添削や模擬面接など、はじめて就職する人にはたいへん役立つ支援も充実しています。仕事を探す人と企業との間の合同面接会なども開催されていますので、様々な求人情報を得ることができます。足を運ばなくても、空いた時間に自宅などで仕事を探すことができるのが、ネットにある求人サイトです。




パソコンやスマホを使ってネットにアクセスすることが一般的になって以来、求人情報を得ることはとても楽なことになりました。大抵の人が名前も知っている大手の求人サイトや地域密着型の小さな求人サイトなど、求人サイトのバリエーションは様々です。サイト画面を操作して、目当ての求人を見つけ、応募したいと思える求人があったら応募し、書類選考や採用面接を受けます。




3.jpg

サイトによっては条件を登録しておくと適した仕事が掲載されるとメールで情報を知られてくれる便利なサービスもあります。求人サイトだけでなく、新聞の求人欄や求人情報をまとめたフリーペーパーなども出ていますので、積極的に地元の求人を探したい人にはおすすめです。出来るだけ理想に近い仕事に出会うためには、自分に合った求人情報の探し方を見つけることが大切です。



4.就職作文の書き方について

就職活動時の作文作成方法・内容について

就職活動では、作文で困っている方もいるようです。作文を通して自分の個性を伝え、希望の動機や考え方などを相手に伝えることが作文の目的です。就職作文を書くためには、自分の特性やアピールポイントを把握しておく必要があります。では、採用される作文とは、与えられたテーマに対してどう分析し、どのような順序で、どんなことを書いていけばいいのでしょう。




ttt.jpg

まず、与えられたお題に関する具体的な内容を押さえた上で、自分の主張や考え方を折り込むようにしましょう。就職試験で通用する作文を書くには、正反対の意見と正面からぶつかった時に行き詰まるような内容になっていなければ、条件には適合しています。題材の内容について、作文を通して詳細に考え方や知識が知りたいと思っている会社は希です。




自分の仕事への努力と挑戦を通じて会社の発展へ貢献し、会社内での上司に敬意を払い同僚を尊重していくという基本線で主張するしかないのです。それが会社側が知りたいことであり、あなたが就職試験の作文で伝えるべきことなのです。会社はチャレンジ精神があり、前向きな考え方をする人物像を望む傾向がありますので、人生の在り方を聞かれても、後ろ向きなことは書かない方が賢明です。




1.jpg

作文を通して主張する考えは何でもいいとされていても、会社が期待しているものは別なところにあることは認識しておきたいものです。骨子として何を書けばいいのかある程度の目星をつけておけば、就職試験で作文があっても慌てることはありません。




職業と資格について

将来の職業を決定するのは難しいことですが、早いうちに考えておくべきだともいいます。法曹関係や医療関係など、特殊な資格を取得しなければつけない職業になりたいときは、大学や専門学校の選択に関わります。




ec_successsteps001.jpg

勿論途中でこのような職業になりたいと思って、始める人もいると思います。なんにしても途中から始めると言うのは大変な事です。弁護士や医者のほかにも、資格を持っていないとつくことが認められないという職業もあります。まず自分がつく将来の職業に見通しを立ててから、資格を取る必要があります。将来になりたい職業に関して情報を収集したり、資格を取るために学校通いが必要ならその準備が必要です。




まず資格取りを行い、取得できた仕事に基づいて将来の職業を決める方が、スムーズにことを進められるという方もいるようです。最近では、数え切れないほどの資格が存在します。コンピューターの操作系や介護系、語学系、建築系などです。何となくで資格を集めていても、いざという時に役に断たないことも多いようです。

fdfd.png

資格がなくてもつける職業もありますが、資格が絶対にいる仕事もあり、それは将来の職業によって決まります。将来の職業を探すという事は、なかなか大変です。性格や適性に合致している将来の職業とはどのようなものか、自分のこれまでやってきたことなどを振り返りながら考えてみましょう。




5.中高年の転職における注意点

年齢注意!?中高年の転職における注意点について

中高年の転職は、もはや珍しい話ではなくなっているようです。適切な方法で転職活動ができれば、たとえ中高年であっても次の転職先を速やかに見つけることができます。中高年の転職で失敗しやすいポイントがいくつかあります。

aaaaf.jpg




中高年の人は人生経験が豊富で、長く積み上げてきた技術やキャリアを持っています。それは強みではありますが、逆に中高年ならではの陥りがちなミスを誘発する原因にもなっているといいます。今まで勤めていた会社のことやその業界の中のことしか知らないということもありえます。いつの間には時代から取り残されていて、話が成立しないということもあります。




スマフォやパソコンのことは全然知らず、触ったこともないという中高年は、今までの労働環境によっては少なくないといいます。パソコンを使ってサイトを閲覧したり、メールのやり取りができるようになることが、転職活動の第一歩です。昔と違って、パソコンで転職サイトに登録をすることやメールで連絡を取ることは、転職活動をするためには必須のことなのです。




l_bit201910291354390641.jpg

求人情報を得るのもパソコンからのほうが有利です。検索の仕方などもしっかりとマスターしましょう。中高年の転職活動が失敗する要因の1つには、自分にどんな仕事ができるかを狭く考える傾向があることがあります。今までの経験を活かし、今までと全く違う職種につくという選択肢もあります。中高年になってから転職をするならば、過去の自分にとらわれすぎない思考を持つことがポイントです。




30代の転職の注意点について

30代の転職活動は、大学生や20代の頃に経験した転職活動とはまた異なる点が存在します。採用を考えている企業は30歳ともなれば社会経験や社会の常識があると思われています。面接では、常識のなさが露呈してしまったり、志望動機が子供っぽいものだと思われないようにする必要があります。

unnamed.gif

数多くの採用希望者を見てきた担当者に対し、あさはかな答え方をしていては、すぐに看破されます。転職を30代で試みる場合は、衣服に関しても細心の注意が必要になります。いつも着ているちょっとくたびれたスーツやサイズが合っていないスーツを着て面接を受けることのないように身だしなみのチェックもしておきましょう。




人と会う時の最低限のマナーも、30代ならば知ってて当然です。必要であれば、事前に確認しなおしておくといいでしょう。30代からの転職における面接では社会問題などについても考えを聞かれることが多いようです。世情に興味がないという人では、30代の社会人として評価が下がります。自分の周囲以外で起きていることにも関心を持って、ニュースや新聞を見る習慣をつけましょう。




tr.png

転職を決めたからには、30代では満たすべき条件がたくさんあります。30代の転職は大人としてふさわしいマナーや常識が身についていることが前提となることを忘れないことが大切ではないでしょうか。




6.就職や転職をする際に必ずしも知っておきたい採用情報

就職・転職を決めたら知っておきたい採用情報について

就職活動をする時に行う最初の作業として履歴書の作成があります。どんな履歴書を作成すればいいのか見当がつかずになかなか作業が進まないという人もいるようです。履歴書に自分の情報を書く時にどんな点に注意すればいいかや自分の中の何が履歴書に書けるものかピンと来ない人もいます。




111.jpg

どんな企業に応募するつもりなのかによっても、履歴書を書く時に心に留めておきたいポイントが変わることは知っておきましょう。例えば採用情報をよく知っておくことが必要です。応募内容には、業種や職種、待遇などについて詳細に書かれていますので、その上でなりたいものを見極めることが大事です。

求人情報をチェックすることで、給与待遇はどうなっているかやどんな仕事ができる人材を探しているかなどを読み取ることができます。自分が持っているスキルを生かせる環境なのかを知るためには、採用情報をチェックして情報を収集することです。企業の実情がどうなっているかは、企業側が提示した情報だけではポジティブなことしかなく、一面的な情報で終わってしまうことがあります。

555.jpg




近年では、インターネットに様々な情報が出回っていますので、採用される前に情報をきちんと集めることです。実際にその企業に勤務したことのある人の情報を得ることができればさらに良いでしょう。就職先を探して活動をしている時には色々な情報を得ることになりますが、納得のいく採用につなげていきたいものです。

求人雑誌の仕事情報

仕事情報誌には、現時点で求人を出している企業の募集要項や条件がずらりと並んでいます。インターネットでの求人情報にその地位を譲りつつありますが、かつて求人雑誌はハローワークと並ぶ転職活動に欠かせない存在でした。現時点でも、求人情報誌は仕事を探している人に情報を提示しつづけており、ネットサイトと張り合えるほどの情報量があります。




rr.jpg

内容の比較がしやすいことが、雑誌での求人情報収集の利点です。職探しに役立つ耳より情報が載っていることもありますし、各社の求人情報から給料や福利厚生などの諸条件を比較するのがとてもわかりやすいです。求人雑誌を手に入れたい時はコンビニや最寄りのスーパーに置いてあることもあります。ただし、地域によっては情報がほとんどないこともあります。

宣伝広告と求人情報が一体化した無料のペーパーが配られている地域も存在します。仕事に関する情報が簡単に手に入る方法でしょう。無料配布のフリーペーパーは、時に有料で販売されている雑誌より威力を発揮すると見なされており、掲載数も相当数にのぼります。頻繁に仕事情報が載っている企業は人材の定着率がよくないので、頻繁に求人を載せなければならないのではと考えてしまいがちです。

a.jpg

無料の求人情報より、友人の求人情報の方が待遇はいいのではないかと思う人もいるようです。どういった企業なのか、写真や文字からら伝わりにくい部分もありますので、面接などで会社の様子に触れてみることがてっとり早いかもしれません。どんな人が働いており、どんなことが求められているか、仕事の情報は一度見ると理解しやすいようです。




就職活動時の面接で質問される事とは

就職活動の時に避けては通れないのが、会社の担当者による面接です。この頃はアベノミクス景気で好景気と言いますが、就職活動をしている人にとって現実はなかなか厳しいものです。面接を無事に通り抜けることができなければ、就職活動を果たすことはまずできない話です。




6.jpg

面接で聞かれることは、一体何でしょうか。会社によって異なっているため、一概にこれとは言い切れません。転職活動の場合は、面接の場での定番の質問があります。今の仕事をやめて、転職活動をしているのはどうしてかというものです。前の仕事を辞める理由としてよくあるものが、職場の人間関係や給与待遇が気に入らなかったというものがあります。

それを正直にそのまま答えてしまうと評価が悪くなり、面接で落とされてしまう可能性が高くなるで注意しましょう。退職理由について質問された場合には、そのまま答えるのではなく、言い換えをするのです。面接の場では、給与面が折り合わなかったり、人間関係がうまくいかなかった場合でも、もっとポジティブな言い回しで話しましょう。

79e5bc4a03f976ae3d2b97b1391f2801_m.jpg




不満や苦痛に感じたことを話すのではなく、この先どのような生き方をしたいかなどの、生産的で能動的な視点で自己PRをしましょう。これまでの仕事をやめたい理由を言いつつ、今後どのような形で自分の能力を生かしていきたいかなどの話にしていければ望ましいでしょう。真実と大きく異なる話をすると後々つらくなりますが、今後のことを考えながら、前の仕事の話ができれば、面接でも評価されやすいでしょう。




就職先を見つけるための活動方法を模索する

就職とは、自分の人生に多大な影響を与える転換点になる出来事といえます。どんな仕事を選び、どんな会社に勤めるかは、この先の人生の舵取りを左右するものですので、慎重に選択する必要があります。勤め先の環境によっては、人との出会いや交流などに影響することを決めることになります。




rere.jpg

その場の思いつきや衝動で結論を出してしまわずにそれで自分は本当にいいのかをきちんと熟考するようにしましょう。そうした就職活動の方法としては、大学生であれば学校を通して情報を集めることができますが、そうではない場合には自分で行動しなくてはなりません。就職活動の方法は一つではなく、求人サイトに登録する方法やハローワークを活用することもできます。




意外と見落とされがちですが、就職活動を円滑に進めるためには、コネの活用も重要な役割を持っています。前の職場からのつながりや家族親族からのつながりを活用したものなど、自分が使えるものを利用することは悪いことではありません。周囲の人に何となく話したことがきっかけで、仕事の口が見つかることもあります。

tg

タイミングが良くないとつきたい仕事に関する求人数が多くなく、他の業種のほうが採用されやすいこともあります。幾つか有望な業界やこれからニーズが高まりそうな職種を選択して探していくというのも1つの方法です。待っているだけでは決して仕事を見つけることはできないので、就職するためには、とにかく活動することが必要です。

7.もっと収入を得たい人におすすめの仕事

収入増を得たい!そんな方におすすめの仕事とは

真面目に仕事をしているのに思うように収入を増やすことが


できないという人は、在宅の副業で稼ぐのも一つの手段です。この頃は、本業他に副業をしても構わないという会社も珍しくなくなっており、在宅での副業をしている人は増加しています。副業には色々な手段がありますが、中でもクラウドソーシングは在宅で働きたい人におすすめです。

tgg.png

在宅でできる仕事をしたい人は、クラウドソーシングを使えば、ネット環境があればどこででも仕事を探せます。クラウドソーシングは無料で登録ができて、特別な資格が必要というわけではありません。家から一歩も出ずにお金を稼げるのは、ネットを介して仕事を探したり、作業をすることができるためです。




クラウドソーシングの仕事を確認して、自分の能力でできそうな仕事を受けて、作業を終えたら納品をするという仕組みです。依頼主が仕事内容に問題がないと判断すれば、納品物に対してお金が振り込まれるという仕組みです。パソコンでデータを作成して、そのデータをインターネットを介して送信するというスタイルが多いようです。

555.jpg




クラウドソーシングを介して注文される作業内容は色々ありますが、サイト作成やプログラミング、文章作成などが定番です。もちろんイラストの作成など趣味の延長のような仕事もクラウドソーシングにはあり、幅広い年齢の人が利用しています。クラウドソーシングには多種多様な仕事か掲載されていますので、どんな仕事なら自分にもできるかをよく検討して受けましょう。




日払いの仕事について

日払いOKの仕事や単発の仕事というのが、よく求人広告や求人雑誌などを見ているとあります。日払いで賃金を得られる仕事とは、一体どういったものでしょうか。

仕事には正社員として雇用される場合とパートやアルバイトなど非正規雇用員として雇用される場合とに分けられます。正規雇用契約を行う場合は、法律の規制に従って幾つかの決まり事があります。正社員として雇った場合、会社は一方的な都合でやめさせることはできません。パートやアルバイトの場合も、一定期間雇用する事がほとんどです。

haken.png




賃金の支払いは月単位にまとめて行われることが一般的です。一方で単発の仕事や日払いの仕事は毎日その仕事に見合った給料が支払われます。早く現金が欲しいという人に日払いの仕事は適しているわけです。毎日賃金を受け取ることができるため、頃合を見て仕事をやめることも自由にできます。




一般的に警備の仕事や建築現場での仕事など、体力を要する仕事に関しては日払いになることが多いようです。その他にも、ラベル貼りやDM作成などの出来高払も日払いです。意外なところでは、フリーの演奏家も賃金の支払いはその都度行われるので、ある意味日払いの仕事とも言えます。




短期の仕事の特徴について

長期のアルバイトやパート、正社員の仕事と短期の仕事は何が違うのでしょう。契約が終了する時期が既に決まっており、合わせて仕事の内容や時給もあらかじめ決められています。短期の仕事の中には、1日だけというものもあり、賃金を日払いにしたり週払いができることもあります。

55555.jpg




短期の仕事は訓練や技術が要求されるようなものは少なく、人数が集まれば対応できるような仕事になりやすいようです。野球場や建設現場など、一時的に人手が必要な場合が多いようです。特定のイベントが開催されている時だけ設営要員が募集されることがあり、その時だけの仕事をしたい人向けです。




肉体労働に限らずとも、短期間に集中的に仕事が増えるような業種は単純作業でも短期の仕事がある場合があります。短期の仕事は働ける時期が限られている人にとってはとても都合が良い職場でもあります。特に大学生や主婦がお小遣い稼ぎを目的に働くケースも多いようです。きつい職業だったとしても、短期の仕事なら気持ちを切りかえて乗りきることも不可能ではありません。




短期の仕事を日払いで受けると給料が毎日もらえる喜びがあります。短期の仕事ならば、どうしても無理という場合は思い切ってその場でやめてしまっても後に響かないという利点があります。

銀行員の仕事内容

銀行で働いている銀行員はどんな内容の仕事をしているのでしょうか。銀行は一般のお客から預かったお金を個人や会社へ貸し出したり、為替や有価証券を利用することで得る差額で利益を出しています。銀行員の仕事内容は、お金を預かったり預金のアドバイスをしたり、企業や個人にお金を貸し出したり、手形や小切手を扱うことなどです。

rrre.jpg




ほんの少し前までは、銀行員という職種は特別で、世間の人が憧れる職業が銀行員だった時代もあったようです。銀行も最近は吸収合併を繰り返し、さまざまな内容の仕事をこなすようになっています。普通のイメージだと預金の受け入れや貸し出しが、銀行員の仕事の内容だと考えるかもしれません。預金をお客からの集め、金利を現在ではごくわずかな額とはいえ払っているのが銀行です。




銀行の仕事には外回りの営業があり、動かしている金額は大きいといえます。契約数によるノルマがあったり、残業や早朝出勤による仕事も多く、仕事内容は決して楽ではありません。それぞれの銀行で投資信託など金融サービスもさかんで、顧客にサービスをたくさん利用してもらうという内容の仕事も銀行にはあります。個人向けの住宅ローンやマイカーローンなど融資も扱っています。銀行の融資係の仕事内容は、融資業務をぶ厚い規定集を使って行うことだそうです。





8.第二新卒の転職活動におけるメリットとデメリットについて

新卒の会社を3年以内で辞めてしまい転職活動をする転職者を第二新卒と言います。第二新卒の強みは、転職を希望する人の中でも年齢が若いこととビジネスマンとしてのベースは確立しているということです。

large.png

第二新卒として転職活動を行う場合に武器となり、弱点にもなることは、何でしょうか。将来的にどんな仕事をしたいか、若いころなら、変更することも不可能ではありません。人生の方針を決定するまでにはまだ猶予がありますので、希望の仕事内容と違ったり、ほかにやりたいことが見つかった時は軌道修正が可能です。

社会に出て働いた経験があることで、新卒者の就職活動とは異なる観点で仕事探しやキャリアプランの構築が可能になり、納得のいく職探しができます。一方、デメリットとしては経験者としての採用は難しい事が多い点です。既にその業界で十分な実績を積んでいる人と実績面で張り合っても、到底勝てず、面接の評価も低くなるでしょう。




rfrf.jpg

転職プランの立て方次第では、一社目の企業でキャリアをつくってからの転職のほうがいいでしょう。第二新卒にとって、以前の会社をすぐに辞めた理由をポジティブな視点で語ることができるかは、企業から好感触を得るために必要なことです。以前と比較しても、転職することは一般的なことと受け入れられつつありますが、一つの会社が長く続かないことはマイナス評価にもなります。

どんな転職活動をすれば第二新卒にとって有利な展開になるかは、自分自身の武器や弱点を考慮に入れて、考えてることが大事です。




9.就職活動に必要なアドバイス

就職活動に関するアドバイスとして、「何もしなければいつまでたっても受けることはできません」。アドバイスを得るための行動をこちらからすることが大事です。

就職活動に役立つアドバイスをもらうために学生ならば同じ学校にいた先輩の元に足を運んで話を聞くことが重要になってきます。新卒者でない場合も、自分と共通点があり、就職先が希望する仕事に合致する人とアポイントを取ってみると役立ちます。経験者からアドバイスを受けることにより、自分には何が不足しているのか何が向き不向きなのかを知ることができます。




2.jpg

就職活動に欠かせない、志望動機を強化することにもなります。就職活動と切っても切り離せないものが面接です。そして、面接では必ずと言っていいほど志望動機を尋ねられます。自分の中で閉じこもっているだけでは自己分析はうまくいきませんので、他者からの客観的なアドバイスを自己分析に活かしていきましょう。




どんな業種に対して就職活動をしたいか決めたら、エントリーシートや履歴書を作成して行動に移ります。今までどんな人生を歩んできたか、端的に把握できるよう履歴書は形が定まっています。自身に関する情報や志望の理由はエントリーシートに書くことが多く、会社によって個別のエントリーシートを記入していきます。就職活動を成功させるためには、行き当たりばったりで事を進めず、アドバイスをもらって方針をしっかり固めることが大事です。


この記事へのコメント