◆就職活動の準備編:試験・面接対策はバッチリ!?見直すべき情報と整理について◆

fg.jpg
大学や就職サポートを手がける企業が積極的に力を入れているのが「採用試験対策」。一般的には筆記試験と面接が行われますが、昨今の試験形態も”決まった回答を求める”試験から、その場で”即時的かつ的確なレスポンスができるか”といった臨機応変性が求められています。今回はこれら試験対策にかかる情報について、ご紹介いたします。





1.就職試験で行われる採用方法について

就職試験と言えば、筆記試験や面接などが一般的であり、ほとんどの会社で行われています。中にはユニークな採用試験を行っている企業もあり、話題になることも良くあります。業種や職種によっては、その人の作品を提出してもらったり、目の前で作業をしてもらい、試験とするところもあります。

image.png




例えば、エンジニアを募集している場合は、プログラミングの解析を採用試験にすることがあります。即戦力が求められる業界の企業では、応募した人がすでに持っている能力を実技試験によって評価することが多くなっています。面接を何度かするけれども、それ以外の採用試験はしないという企業もあります。つまり面接の場でどんな態度をとるかが、最も重視されるわけです。

DSC_087011.jpg

グループディスカッションなど複数の人数で何かの課題に取り組む事を面接の試験として採用する会社も、最近では増えてきています。これまでの決まりきった面接や筆記試験では分かりにくかった、コミュニケーション能力などを評価するために導入されるようになってきています。採用試験を受ける企業についてよく調べておくことで、グループディスカッションをする時のテーマを掘り下げやすくなったりもします。与えられたテーマについてしっかりと自分の意見わ述べられるようにしておくためには、企業に関する情報以外にも、その業界について知っておくことです。




面接による試験の場合には数をこなせば慣れてくるものですが、ユニークで変わった方法による就職試験では、臨機応変に対応する能力も必要になります。企業から評価してもらえるような能力を持っていれば、トリッキーな採用試験でも、対応することができるでしょう。




2.就職の筆記試験と面接

筆記試験対策・面接対策について

筆記試験や面接試験が採用試験では行われます。就職採用試験にパスしなければ就職先は見つかりません。企業側は、新卒者の入社希望が多い場合は、試験を二次、三次と複数回に分けて行っているところが少なくないようです。

rf.png

1回の採用試験で採用を決める企業を希望するという新卒者もいます。多くの中からいい人材を厳選するために企業側もそれぞれ独自の採用方法で就職試験を行っています。一般常識問題を問う筆記試験を行う会社は多いですが、中には診断テストとして適性試験を受けてもらうところもあります。




採用担当者と就職希望者が顔を合わせて、直接言葉を交わして相手を見極めるのが面接試験です。面接のスタイルは会社によって異なり、一対多や多対多という形での面接もあります。同時に試験を受ける人達より優位に立たなければ採用は望めないわけですので、面接で自分を印象づけられるかどうかがカギとなります。最低限の条件をクリアできているかを見極めるのが筆記試験に当たります。




rere.jpg

採用する人を決めるための試験が面接試験です。そのため、面接での内容はとても重要になってくるというわけです。新卒者に対する試験と中途採用試験では企業側も求めている人材が違ってきます。学校の試験とは違い、面接で働きたいという気持ちをいかにアピールするかで、採用か不採用かが決まってしまうのが就職試験の特徴です。




就職面接で想定される質問と回答をするときのポイント

質問に答える形で、就職面接は進行するものです。就職面接担当者は何を知りたくてその質問をしたのか考えて質問に答えることが大切です。基本的な採用面接では、履歴書や職務経歴書を見ながらどんな人かを知り、大まかな経歴やどんな経験や実績があるかを確認します。担当者が何を知りたいかを踏まえて、あまり長々しくならないようにしながら、シンプルな自己紹介をするといいでしょう。




e2f0650f.png
ある程度の紹介が終わると今後どんなふうに働きたいと思っているかや長所や短所などが話題になります。今後どんなふうに働いていきたいかを聞き、企業が求めている働き方とのミスマッチはないかを確認します。また、どんな人かを知ることで、一緒に働きやすい人材かを把握します。自分の至らない部分をどう捉えていて、これから先どうつき合っていくつもりがあるかを、客観的な視点で分析する必要があります。キャリアプランについては、自分がその企業で働いているところをイメージして質問に回答してみてください。




最後に何かこちらに聞いておきたいことはないですか、という質問が来ることがあります。面接中に質問できることを考えておくといいでしょう。無理矢理に質問をする必要はありませんが、何かしらの質問を行うことで、能動的な姿勢でこの場に臨んでいることを示せます。色々な質問をされることを想定して、就職面接の準備をしましょう。なぜその質問をされたかを、相手の立場に立って考えることで、答えやすくなるでしょう。




面接の本番で慌てないための対策方法とは

面接の対策でできるまず最初のことは、面接対策のマニュアル本を購入して一度は目を通しておくことです。本屋で就職のための面接対策の本はいくらでも見つけることができるので、すぐに手に入れることができます。

87.jpg




転職エージェントを利用して転職活動のサポートをしてもらうというやり方もあります。今まで転職をあまり経験したことがないという人は、転職活動をしている人を何人も見てきた転職エージェントのアドバイスが有効です。転職エージェントの中には、本番とそっくりの模擬面接を試しに受けて、後でフィードバックをもらうというサービスもあります。

模擬面接を落ち着いて受けることができるようになっていれば、本番の面接でも精神の平衡を保つことができるでしょう。面接は慣れの要素がとても大きいものなので、場数を踏めばそれだけ実力もアップして、面接に強くなれると言われています。また希望する会社によって求める人物像に違いがあるので、おのずと面接時の質問も同じではありません。




original_mirai1074.png

会社は、それぞれ独自の方針があり、どんな人を必要としているかも違います。面接の対策に何をすればいいかわからないという人は、転職エージェントに相談すれば、業種ごとの動向などがわかります。面接の準備は色々なやり方がありますので、早い段階から、できることに着手することが重要になってくるでしょう。油断しないで面接試験を突破することが大事です。納得のいくまで準備をすることで、気持ちも落ち着きます。




面接での転職の動機は慎重に考えて返答する

転職時に行われる面接において、必ず質問されるのは転職の動機についてです。転職の動機についてのアンケートをした場合、一番上位となるのは人間関係という調査結果があります。

graph01.png




人間関係というと職場の上司や先輩、同僚に対して不満があるということですが、退職の動機として正直に話してしまうと問題がありそうです。原因は職場の人だと言えれば苦労はないですが、転職の動機としては前向きの内容ではありませんので、採用面接では有利な内容にはなりません。何も正攻法である必要は無いので、何か最もらしい理由を考えなければなりません。会社で働き始めてから、何か嫌なことがあって転職をしたいと思うことは珍しくありません。会社でイヤなことがあったり、他にやりたいことがあった場合などに転職のことが頭に浮かぶものです。




graph6-2_ones.png




転職したいと思っても、すぐに会社を辞めるという行動に移す人は少ないと思いますが、安易な行動は避けるべきです。会社が変われば、よほどのスキルがない限り、給与が上がるということはないでしょうから、下がることを前提に考えなければなりません。転職がうまくいった場合でも給料が下がることもよくある話ですので、現状と今後をじっくり検討した上で、次の行動に移ることが必須になります。

どうしても人間関係で退職するしか方法が無い場合には、転職することになりますが、面接時の質問に対する準備はしておく必要があります。たとえ、ネガティブな理由で会社をやめたのだとしても、表現の仕方を変えるなどして、前向きな動機が関わっているような言い回しをすることです。




3.就職活動に臨むためのアドバイス

就職活動に関するアドバイスは、何もしなければいつまでたっても受けることはできません。アドバイスを得るための行動をこちらからすることが大事です。就職活動に役立つアドバイスをもらうために学生ならば同じ学校にいた先輩の元に足を運んで話を聞くことが重要になってきます。

3.jpg




新卒者でない場合も、自分と共通点があり、就職先が希望する仕事に合致する人とアポイントを取ってみると役立ちます。経験者からアドバイスを受けることにより、自分には何が不足しているのか何が向き不向きなのかを知ることができます。就職活動に欠かせない、志望動機を強化することにもなります。就職活動と切っても切り離せないものが面接です。




そして、面接では必ずと言っていいほど志望動機を尋ねられます。自分の中で閉じこもっているだけでは自己分析はうまくいきませんので、他者からの客観的なアドバイスを自己分析に活かしていきましょう。どんな業種に対して就職活動をしたいか決めたら、エントリーシートや履歴書を作成して行動に移ります。今までどんな人生を歩んできたか、端的に把握できるよう履歴書は形が定まっています。

cari_ogp55.jpg




自身に関する情報や志望の理由はエントリーシートに書くことが多く、会社によって個別のエントリーシートを記入していきます。就職活動を成功させるためには、行き当たりばったりで事を進めず、アドバイスをもらって方針をしっかり固めることが大事です。

4.就職活動ナビサイトを使用するメリット

大学生が就職活動を行う際に有用な情報を提供しているサイトを、就職活動ナビサイトと呼んでいます。採用を希望する企業を探し、直接あるいは間接的に応募するためには、就職活動ナビサイトが重要になります。




455.png

就職活動ナビサイトの存在は、大学生の就職活動の要ともいえるものです。求人情報を確認したり、応募をする際にいつでもどこからでもできるという利点があります。ナビサイトを上手に使うことで、就職活動を進める上で欠かせない企業へのエントリーを、短時間で済ませることができることも強みです。




ナビサイトを使えば、企業にエントリーする先に必要な氏名や出身大学、住所などの情報入力も簡単にできます。エントリー用のフォームには自己PRの項目などがありますので、企業の担当者が目を引くような内容を工夫するといいでしょう。ナビゲーションを意味するナビサイトは、学生が就職活動に取り組む際の、水先案内人として、情報提供源になります。

t.png




効率的に就職活動を進めるために必要なことやビジネスマナーの話などがまとめられているようなナビサイトもあり、とても役立ちます。条件を細かく入力して、数ある求人情報の中から必要な情報だけを効率的に取り出すことができるようなナビサイトもあります。興味のある分野や業種についての就職説明会や企業の説明会案内について通知を自動で送ってくれる機能も重宝します。就職活動を成功させるためには、ナビサイトのサポートが非常に役立ちますので、手始めに複数のサイトに登録してみましょう。

インターネットを利用した就職活動の方法について




近年の就職活動は、インターネットを活用したものが一般的です。インターネットを使えないでいると就職活動に支障が生じるほどです。ネット環境が整ったことによって、求人情報サイトを通じての人材募集や自社のホームページに求人用のページを設けるなどの方法がよく使われています。

説明会の資料請求やセミナーの申し込みのほかにも、試験や面接日程の連絡、さらには合否の通知までをネットを利用して行う会社も少なくないようです。就職活動のやり方は、ちょっと前までと様変わりしています。インターネットツールを上手に利用することが、就職活動では重要になっています。現在の変化はいまだ過渡期にあり、これからも、インターネットを使っての就職活動は進化を遂げていくだろうと考えられています。




6df03052c7567e9e65d99a64c2a933db.png

かつては、求人サイトといえば、求人情報が載っていることが最も大きな特徴でしたが、現在では、人材を必要としている会社が人を探せるようにもなっています。求人サイトに登録をする人は、専用フォームを利用して、今までの職歴や実績、希望の職種などを入力できるようになっています。企業側は、登録されている情報をチェックすることで、自分の会社に来てほしいと思える人材がいたら、アプローチをかけることができます。




fdfd.png




自分の履歴書を登録する事によって、自分の興味をもってくれた企業の人から直接オファーをもらう事ができるサービスはスカウト機能と呼ばれており、多くの求人サイトで利用できます。求人情報をチェックするスタイルだけでなく、企業側から声をかけてもらえるような就職活動も広まりつつあります。就職活動へのやる気を高め、互いの情報をやり取りする場として、就職活動サイトも利用されています。就職活動の日記を書いたり、同じ境遇にいる人どうしで情報交換をして、就職活動をやりやすくするというものです。たくさんの就職活動の方法がありますが、自分のつきたい仕事を明確にして、必要なツールを使いこなしながら、就職を成功させましょう。

5.就職のための求人情報

就職を目指して動き始めるなら、することは求人情報を集め、その内容に目を通すことです。就職のための求人情報は、求人情報雑誌、ハローワーク、就職求人サイト、他にも様々な場所で手に入れることができます。大学を卒業予定の新卒者の就職、一旦は退職した人の再就職、今の仕事からの転職など就職に対する姿勢は人によっていろいろです。




111.jpg

人それぞれ、就職先に求める就業条件や働く上でプラスになることは異なります。求人情報の中から、どの求人が自分の希望に合っているかを見つけ出すことが、就職活動では重要なポイントです。どんな仕事を求めているのか、どの条件が譲れない条件かを明確にしてから求人情報に目を通すといいでしょう。求人情報を調べて就職活動に役立てようという場合、どうすればいいでしょう。




rr.jpg

新聞の求人欄や折り込み広告、街路への求人情報の貼りだしなどが多く行われていたようです。雑誌やフリーペーパーの求人欄やハローワーク、ネットからの検索も効果的な方法です。情報誌やネットから求人を探す方が、最近では多くの求人情報を見出すことができるといいます。できるだけ多くの求人を集め、その中から自分の入りたい会社があるかを速やかに見出すことが、就職活動を成功させるために必要です。求人情報をじっくり検討して、最後まで粘り強く就職活動を続けていきましょう。




派遣の求人情報を探す方法

効果的に派遣の求人を探すにはどんな方法があるのでしょうか。正社員や契約社員とはいろいろと異なるのが派遣社員として雇われる場合です。自分が勤める会社と雇用契約をするのではなく、契約するのは派遣会社とになります。就業条件の打ち合わせや仕事内容の説明、給料の支払いなどを派遣会社は行うようです。




haken.png




派遣の求人を探す場合には、契約関係を結ぶ人材派遣会社を探すのか、派遣の仕事の求人を直接探すかになります。どのような求人を紹介してもらえるか、どんな特色がその会社にはあるかが大事なのが、人材派遣会社を探す場合です。最近は人材派遣会社の数も増え、それぞれの差別化が進んでいます。特定のエリアの求人をたくさん持っている地域密着型やマスコミ系に強い人材派遣会社など特徴的なものもあるようです。場合によっては大手の派遣会社で、ビジスマナーの講習やパソコン講習を受ける事が可能だったり、施設を割引料金で利用可能なこともあるといいます。

55555.jpg




その一方で、インターネットの求人情報サイトを利用することで、直接派遣の仕事を探すという方法もあります。希望の職種や待遇で検索をすることで、効率的に求人情報を探すことができます。いろいろな求人情報サイトに自分の情報を登録すれば、スカウトが来たり仕事情報が派遣会社から知らされてくることがあるので便利です。




6.転職活動の情報ツール

効率的に自分の望む仕事の情報を得ることが、転職活動において大切なことです。実際に求人情報を探す方法はいろいろあります。求人情報雑誌やハローワークでの求人情報チェック、新聞の求人欄やチラシが転職活動の基本だってのは昔の話です。盛んに行われていたのは、知人からの紹介や縁故による求人情報の把握などです。




tr.png

近頃増えているのがmインターネットの環境が整ったことにより、ネットによる情報収集を行う人たちです。インターネットを通じて検索することができるようになったのが、ハローワークの求人情報です。忙しい人でも仕事と並行して転職活動に取り組むことが、ネットであればいつでも利用できるので可能となっています。




企業説明会や企業の主催する就職セミナーで求人情報を得たり、民間の人材あっせん会社を利用した転職活動も盛んです。自分自身の条件として希望の職種やこれまでの職歴などを登録すると良いでしょう。自分に見合う転職先を紹介してくれる会社も数多く存在します。情報を収集する方法によって、メリットやデメリットがあります。情報量が豊富なところや十分でないところも、希望する仕事の種類によってはあるようです。


この記事へのコメント