◆大阪府優良企業「匠企業」がアツい!「匠企業企画展2020」に行ってきました!◆

news-icatch02.jpg

昨今の新型コロナウイルス感染症の影響を受け、取引先の減少や企業経営にダメージが大きい中小・小規模事業者にとって、優良な取引先開拓は必至の課題ではないでしょうか。実は現在、大阪府下では「おおさかものづくり優良企業賞」(通称:匠企業)という認証制度のもと、財務・製品・取組等の事業において、優秀な企業のみが認定される認証制度が存在します。先日、その優秀な企業のみが集まった展示会が開催されたため、今回はその当日の様子等についてご紹介いたします。





1.「ものづくり優良企業賞(匠企業)」ってどんな制度?

今回の展示会の目玉となる「匠企業」について、皆様はどの程度の知識をお持ちでしょうか?実はこの認証制度は大阪府が推奨する優良企業としてのお墨付きを付与する制度で、厳選な審査のもと、特にものづくり企業を中心に与えられるものとなります。




2.png




令和2年度の匠企業申請は、新型コロナウイルス感染症の影響により中止となりましたが、来年度は予定通り受付の方向で進めているとのことです。相応の審査基準を満たしていなければ「匠企業」として認証されないため、当然ながら企業の財務体質や技術力も高く、働く従業員の意欲も比較にならないと言います。




4.png



2.匠企業として認められた企業の実態について

では、実際に匠企業として認証された企業は、どのように経営面・取引先面等で変化があるのでしょうか?実は多くの匠企業は、共通して「新たに取引先が増えた」、「新卒採用において、募集が例年の4倍程増えた」、「名刺に匠ロゴを記載いるだけで、商談が前に進みやすくなった」等と声を揃えています。




5.png




6.png

特に昨今の新卒・第2新卒枠では「中小企業でも優良な企業」に目を向ける傾向にあり、匠企業を取得している企業もその選択肢に入っていることが多いと言います。労働人口が減少傾向にある今日において、一つのプロモーションツールにもなると言えますね。




3.令和2年11月6日(金)開催!「匠企業企画展2020」

87.jpg
令和2年11月、新型コロナウイルス感染症が拡大する中で、感染症対策が図られながらも同事業は開催されました。なんと100名以上の来場者に会場は埋め尽くされ、商談・ビジネスマッチングの機会創出に関わる打合せが繰り広げられました。




IMG_2318.JPG
➢当日のセミナーの様子:㈱成岡マネジメントオフィス講師登壇

※本セミナーでは新型コロナウイルス感染症の影響を受ける事業者が、今後どのように経営展開を図ることで顧客開拓・事業継続を実現できるかについてご講演されました。経営学の視点でいま需要が伸びているサービスと低迷しているサービス、強みを更に伸ばし、優位性構築を図ることの重要性をお話されました。




IMG_2477.JPG
➢セミナー終了後の交流会の様子




少し密な環境にありましたが、匠企業同士、匠企業とマッチング希望者が交流を図っていました。市内の大企業やメーカーも多く参加され、まさに質の高い商談が行われていました。今後の更なる発展・活躍が期待できそうです。

4.まとめ

さて、今回は高槻商工会議所主催の「匠企業企画展2020」についてご紹介いたしました。上述の通り、本認証制度は大阪府下でも”特に優秀な企業”に与えられる認証規格で、毎年多くのものづくり企業が応募されるそうです。コロナ禍で不安が続く毎日ですが、その環境下でも技術研鑽に励み、輝き続ける中小企業が存在することを、ぜひ知って頂ければ幸いです。


この記事へのコメント