ぐるなびが選ぶ「今年の一皿」が決定!!飲食店も、先手を求められる時代へ

1.jpg

毎年発表されるぐるなび社による「今年の一皿」。この発表を受けてメニュー開発や導入を検討する程、業界では注目を浴びるビッグニュースです。2021年の日本の世相を反映する「今年の一皿」は「アルコールテイスト飲料」に決定しました。








「アルコールテイスト飲料」

2.jpg

「アルコールテイスト飲料」は、「酒類提供制限」の要請を受け、多くの飲食店でアルコール代わりとして提供されたことで「経営の救世主」となりました。製造方法が進化し、一段とアルコールに近い味わいになり、料理を引き立たせる飲料として飲食店や消費者から支持されたことも、この決定の大きな要因になったとのこと。若者の酒離れが示唆されている中、「アルコールに近い味わいを楽しむことができる」多様性・汎用性が、今後の業界での生き残りをかけるキッカケ・人気のキーワードとなりそうです。







・その他のノミネート内容についてもチェック!


その他のノミネートは、環境への負荷が少なく新たなタンパク源として期待される「昆虫食」、ブリオッシュ(パン)に生クリームがたっぷりと詰まった「マリトッツォ」、本格的な料理を自宅で手軽に再現できる「ミールキット」などでした。ミールキットは内食機会の増加により消費者のニーズが高まり、今後も市場の拡大が予想されています。特に有名レストランのシェフが監修されたミールキットは、希少性が高く、外食ができない環境の中での贅沢という点で急上昇しました。







6.jpg
ミールキット


4.jpg
マリトッツオ







「今年の一皿」は、優れた日本の食文化を人々の共通の遺産として記録に残し、保護・継承するために14年に開始された制度です。20年は「テイクアウトグルメ」、19年は「タピオカ」、18年は「鯖(さば)」、17年は「鶏むね肉料理」、16年は「パクチー料理」、15年は「おにぎらず」、14年は「ジビエ料理」が選定されています。

スクリーンショット 2021-12-11 22.02.27.png